ランドセルの金属アレルギー

ランドセルの金属アレルギー

金属アレルギー

ランドセルの背カンや肩ベルトの金属が、子共にアレルギーを起こす事があると御存知ですか?

 

動くと汗ばむ時期になると金属が汗に溶け出して皮膚に接触して、予想外のアレルギーで赤くなることがあります。

 

 

金属アレルギー

何かアレルギーがあれば、金属によるアレルギーも考えられるので、パッチテストのできる皮膚科での検査をおすすめします。

 

ララちゃんランドセルには金属アレルギー対策があります。それはララちゃんで使用している金属をチタンにしていることです。チタンは丈夫だけでなく金属アレルギーも生じにくいので、子供がアレルギーの場合ララちゃんランドセルが第一候補にあげられます。

 

背中の素材は抗菌仕様で通気性が良い

通気性のある背当て素材

背中の素材はバイオアルファといって、キトサンが使われているので抗菌仕様です。
 
暑い季節には通気性が良くて汗の不快さもかなり軽減されます。

 

 

 

肩ベルトをアジャストさせる

ランドセルのフィッティングが良いかどうかの判断は、両肩にかかる重量が同じかどう香が大事な点です。同じでないと、とても不快です。

 

肩ベルトに接する面が広くて肩と肩ベルトがフィットしてる感じがあれば本人に適合しています。

 

肩ベルトを調整して、ランドセルを垂直にたてたときに背中に背あての違和感がないことも重要な点です。

ランドセルの素材

自然素材の牛革などで造ったランドセルは、持って重いため候補から外すお母さんがいますが、ランドセル作成の状況は変化していて、背負うとびっくりするぐらい軽い自然皮革の工芸品と呼べるランドセルが人気です。
人工皮革の軽いランドセルよりも職人の技術を駆使した作品ですから価格の高いことを除けばおすすめできます。人気ランドセルのフィットちゃんは、色もデザインも素材も豊富です。値段もいろいろあって、ランドセルの普通の価格に合った料金になっています。

 

人気で売れているランドセルも、昨年とくらべて大きな違いはないでしょう。

 

牛革やコードバンのランドセルは、3年生4年生と背負っているとボロになったり、雨や水分が深く浸透して硬くなったり、ケアがとても手間がかかるようなことはもはやないんです。

 

コードバンや牛革に防水液が浸み込ませてあるので、ポツポツ降る雨くらいではそのままほって置いても問題ないほど、雨が浸み込まないようになっています。

 

ランドセルの処分

6年思い出のつまったランドセルの処理もどうしたら最良なのかわからないものです。ゴミの日に出すにはあまりに惜しいし、おもったより小さなランドセルに縫製しなおすことをぱっと思いついたりしますが、海外のおこちゃまたちに贈ることもできます。

 

大概がアフガニスタンのように戦火の中を学校に通っているが、物資が無いようなところです。いずれに知ろ6年間大切に使用したたランドセルは、中学生になってからどうするのかをちゃんと考える必要があります。

 

女の子は可愛いランドセルを選ぶために関心が集中しますが、余りに可愛らしすぎると10歳以上になったときに、マンネリになってしまったり気恥ずかしくて使いたがらなくなります。

 

それだけは避けるために見た目がシンプルなランドセルを選んだ方が無難です。山本のランドセルは、2015年6月にA4ブックファイル対応になりました。

 

いずれにしてもA4ノートファイルだけでなく、給食着や副教材も入ります。

 

両手をフリーにしておくことで、経験したことのないアクシデントにすぐに向かい合えます。