ララちゃんランドセル A4フラットファイル

ララちゃんランドセルでA4フラットファイル対応とメリット

 

2016年度にララちゃんランドセルの全ランドセルがA4フラットファイル対応になったので、A4フラットファイルが入らないという問題は無くなりました。

 

エンジェル・ララとエンジェル・パールはララちゃんを代表する、女の子のランドセルです。そのランドセルにA4フラットファイルを入れてみた写真です。
 
どちらも持ってみてとっても軽い事に驚きました。ホント可愛くて軽い。ララちゃんランドセル人気があるのが良く分かりました。

 

エンジェル・ララ

エンジェル・パール

⇒2016年度廃版になりました

 

 

エンジェル・ララは写真のようにA4フラットファイルが丁度ピッタリと入ります。

 

 

これでカブセを閉じればA4フラットファイルをゆがめることなく収納できます。

 

 

 

エンジェル・パールは写真でもわかるように、A4フラットファイルの幅よりも狭いので、フラットファイルが少し歪んでいます。

 

無理しておしこめない事は無い程度ですが、どうせならA4ウフラットファイル対応のランドセルの方が良いでしょう。

 

小学校でA4フラットファイルを使うことがあるかどうかを確認

 

これはもう学校によって違うので、ランドセル購入前に入学する予定の小学校に問い合わせる必要があります。

 

たまに使う程度なら手提げ袋に入れても良いでしょう。安全のためには手に荷物を持たせくない方が良いので最初からA4フラットファイル対応のランドセルを購入すれば良いでしょう。ともかく最近はA4フラットファイル対応ランドセルが中心になっています。

 

⇒ 最近はA4フラットファイルを使う学校が増えているとの情報も聞きました。私の知り合いの数人のお母さん方は全てA4フラットファイルを使っていました

 

 

A4フラットファイルとA4クリアファイル対応ランドセルの見た目の違い

 

エンジェルララとエンジェルパールを並べてみたときに、良く見ればエンジェル・ララの方が少し横幅が広いねとわかる程度でした。

 

広いとわかっていても良く見なければ分からない程度です。左側がエンジェル・パール右側がエンジェル・ララです。

 

エンジェル・ララの大マチ内寸は横幅230×億行110×高さ320o
エンジェル・パールの大マチ内寸は横幅225×奥行き110×高さ310o。⇒廃盤

 

わずかにエンジェル・ララの横幅が5o、高さが10o大きいだけです。写真で見ても殆ど感じないでしょう。重さも100g程度の違いしかないので
どうせ購入するならA4フラットファイル対応ランドセルにした方が良いですよね。

 

 

 

 

A4フラットファイル対応のメリット・デメリット

 

好むと好まないとに関わらず、ランドセルの大きさはA4フラットファイル対応中心になっています。

 

そのメリットについて確認して把握しておきましょう。

 

A4フラットファイル対応のメリット

 

  1. A4フラットファイルは学習指導要領改訂に伴う教科書のページ増加に対応。
  2. A4フラットファイルの容量の大きさは、両手に何も持たない安全な通学ができる。
  3. 手提げ袋などに入れて運ぶよりも、ランドセルは良い姿勢を保ちやすい。
  4. ランドセルにたくさん入れると、最も軽く教科書などを運ぶことができる。

 

A4フラットファイル対応のデメリット

 

  1. 価格が高くなる。
  2. 大きすぎるという親の先入観があるので、小さな子にはすすめにくい。