ララちゃんランドセル

6年間使ったランドセルの処分

6年間使ったランドセルの処分もどうして良いかわからないものです。ゴミ捨てに置いてくるのもできないし、すごく小さなランドセルにリメイクする事もありますが、他の国の子供たちに使ってもらえます。

 

大概がアフガニスタンのように戦乱のただなかにあって、子供たちが学校に通っていても物資が不足している所に送っています。6年間大事に使用したランドセルは、卒業後にどう使うのかをきちんと計画を立てましょう。

 

そのまま知り合いに譲る。

思い出としてそのまま保存しておく。
小さなランドセルにリメイクする。
バッグなどの別の商品にリメイクする。
海外へ送る(国際協力NGジョイセフなどを通じて行うのが良いでしょう)、

 

リメイクの場合には費用が結構かかるのですが、それなりに立派な製品が出来上がります。

 

 

海外へランドセルを送る

海外へ送るランドセル

ランドセルを海外へ送る時には、余りに汚いランドセルは失礼になりますし受け付けてはくれません。

 

ランドセルの外も中も綺麗にします。子供たちが良く貼っているシールなどもそのままでは送れません。

 

それができたら、新品のノートや鉛筆を購入してきてランドセルの中にプレゼントとして入れます。鉛筆もノートも日本では簡単に入手できても海外では貴重品なんですね。

 

そのランドセルを学校へ持っていき先生に渡してください。学校へはランドセルの素材であるクラリーノを作っている「クラレ」という企業が回収にくるようになっています。

 

クラレはそのランドセルを国際協力NGOジョイセフに渡されます。この国際協力NGOジョイセフという機関が殆どのランドセルをアフガニスタンに送ります。

 

 

 

国際社会支援推進会ワールドギフト

 

国際社会支援推進会ワールドギフトも海外途上国への物資支援をします。ランドセルを寄付したい、子供が成長して小学校を卒業したので使わなくなった、リサイクルをしたいなどの気持ちがあれば、ランドセルの色、メーカー、種類などを問わず募集しています。

 

修理が少し必要な状態であっても再利用してもらえます。捨てるには忍びないランドセルを再利用する手段の一つとして、途上国へランドセルを送ることも検討できます。

 

集荷料金は下のようにランドセルを持っている側の負担となります。

 

ランドセルを海外に送るには集荷料金の負担がある