ランドセルの調整

ランドセルの調整は何のためにするの?

ランドセルの調整の失敗で猫背になる

 

ランドセルの調整って聞いたことはありますか?

 

おそらく肩ベルトの長さを調整するんですよねと返事が返ってきそうです。そうなんですよ。主には肩ベルトの調整をするということです。

 

ランドセルで調整できるパーツは肩ベルトだけですからね。

 

でも何のために調整するかとなると、ちょっと付け加えなくてはなりません。

 

肩ベルトを調整する目的は、体にフィットさせるためです。だから体にフィットした状態が分かっておく必要があります。

 

ランドセルを身体にフィットさせるということ

ランドセルの肩ベルト調整

ランドセルの上部と背中の間に隙間が空かないように肩ベルトを調整します。

 

隙間があるとどうなるか?画像を見ると分かりますね。隙間が空いているとランドセルが後方にダラーンと下がってますね。

 

ランドセルの下の端は腰の当たりに触れてますから、腰を支点にしてランドセルの上の方が後ろに回転しようとします。

 

ランドセルの調整の失敗で猫背になる

いわばランドセルから後ろに引っ張られて通学するようなものですね。これでは体にぴったりどころか、前屈みの猫背姿勢になってしまいますね。

 

だから肩ベルトの長さを調整して、隙間が無いように調整が必要なんです。

 

ぴったりとなるように肩ベルトを調整すると、背カンが動くようになっている肩ベルトだと左右に開くのでとっても背負い安い。

 

動かない背カンだと背負いにくいんですね。だから背カンは左右に開く[動く)タイプのものを選んでください。

 

ランドセルが背中にピッタリするように肩ベルトを調整するだけで、軽く感じますし、何より姿勢が悪くならないんです。

関連ページ

ランドセルのパーツの名称
ランドセルのパーツの名称はある程度知っておく必要があります。選ぶときにパーツ=部分の名称がわからないと困るからです。
ランドセル選びで重要な色とデザイン
ランドセルの選び方について。重さや容量それに色やデザインなどランドセル選びの条件は色々です。
姿勢の悪くならないランドセルを選ぶ
姿勢の悪くならないランドセルを選ぶことが大事なポイントの一つです。ランドセル選びのヒントについての情報です。ララちゃんのランドセルに関する情報だけでなくランドセルを選ぶときのヒントです。
ランドセル選びは親と子で重視するポイントの違い
ランドセル選びは親と子で重視するポイントが違います。ランドセルの選び方について。重さや容量それに色やデザインなどランドセル選びの条件は色々です。
ランドセルを綺麗に使うなら傷つきにくい素材
ランドセルを選時にランドセルを綺麗に使うなら傷つきにくい素材を選ぶという事があります。
学校のロッカーに入るかどうかチェックしてますか?
ランドセルを購入したけど、学校のロッカーに入らなかったと言う笑えない事が起こる事があります。購入前に一応学校に問い合わせてみましょう。
ランドセルに収納するものはどれ程あるの?
ランドセルに収納ししたいものは教科書ノートだけでなく、体操服や給食衣などたくさんあります。a4フラットファイル対応にしたけど、本当にどれ位入れる物があるのか調べてみました。
ランドセルのキューブ型のメリットとデメリット
ランドセルのキューブ型のメリットとデメリット。ランドセルの選び方について。重さや容量それに色やデザインなどランドセル選びの条件は色々です。