ランドセルのパーツの名称

ランドセルのパーツの名称

ランドセルの部分[パーツ)の名称はある程度知っておく必要があります。

 

ランドセルを選ぶときに、会話やホームページの記事を読んだとき書いてあるランドセルの名称がわからないと、十分には選べないからです。

 

ランドセルの部分の名称と説明

ランドセル部分の名称

 

カブセ(かぶせ、蓋)

カブセとは「被せ」てあるもの。ランドセルの蓋のことです。画像のように学習院型ランドセルのカブセが一般的ですが、もっと短いティティエ・ティティのような半カブセがあります。

 

半カブセ

半カブセは背負ったままでも、床に置いても蓋が開けやすく便利です。

 

カブセの役割は中に入っている教科書やノートなどを雨やホコリから守ることです。そのため防水性が高く傷にも強い素材が一般的に使われます。

 

カブセの素材には、グラリーノのような人工素材から牛革やコードバンのような自然皮革lまであります。ララちゃんのカブセの素材はベルバイオ5で強度も傷もハイベルな素材です。

 

カブセには大きな負荷がかかることは無いので、カブセが壊れる、裂けることは余りありません。

 

カブセとランドセルの背当て部分の縫製が弱いと分離する場合もあり得るので、縫製を確認しておきましょう。この部分は縫製糸の断裂もあるので縫製が非常に重要です。

 

 

反射鋲

カブセの下にある金属製でペアとなっている鋲のこと。メーカー別、ランドセル別で色々な鋲が使われています。

 

お洒落な鋲が多く、また小さいながら自動車のライトに反射するので、自動車からの視認性が良い訳ではありませんが安全面での機能も持っています。

 

ララちゃんは側面(大マチ)にも鋲があるので、視認性を高めています。

 

ララちゃんの鋲 

 

大マチ

ランドセルの横を形作る主なパーツ。メインポケットを形作る大事なパーツ。ランドセルの奥行を作り出している。

 

大マチの幅が広い程大容量となります。ララちゃんランドセルの大マチの幅は110oですから標準的な幅です。

 

大マチの上部には固定板という固いプラスティック素材のものが入っており、ランドセルの型崩れを防ぎます。

 

中部には横ベルトがあり、安全ナスカンが付属している。

 

 

 

小マチ

 

ランドセルのサブポケットを形作る重要なパーツ。サブポケットはメインのポケットの前の方についていて筆箱を入れている子供が多い。

 

小マチの奥行も少し違うだけで、入る余裕が違うのでチェックしておきたい。小マチが折りたたんだマチになっているランドセルもあります。

 

ララちゃんの小マチ 

 

ナスカン

フッカーと言ったり、外れるようになっているものを安全フッカー、安全ナスカンと呼ぶ事もあります。色々な物を下げる機能を持っていますが、事故につながる可能性もあるため、なるべくここに下げない方が良いというのが、共通した考え方です。

 

ララちゃんの場合には30〜50sの力が加わると、壊れて外れます。他のメーカーが15s程度の力で外れるのに比べると、かなり力がかかるようですが、瞬間的に罹る力は案外大きいものなのです。

 

他のメーカーと違って壊れて外れるので、ララちゃんに伝えると送ってもらえます(無料)。

 

ララちゃんが外れたらその場で嵌めるのでなく、一旦壊れてしまう理由はなんでしょうか?

 

それは、外れたらまた差し込むシステムだと、樹脂の抵抗が減り、大した力がかかっていないのに簡単に外れるようになるからです。

 

巻き込み事故を防ぎ、簡単には外れないシステムにするにはララちゃんの機構が最もふさわしいと言えます。

 

ララちゃんの安全ナスカン  安全ナスカンは外力で外れる

 

ランドセルの裏側から見た名称

 

 

 

背カン

背カンはランドセルの肩ベルトと本体をつなぐパーツです。色々な意味で非常に重要な機能を持っています。

 

@肩ベルトを左右に開く機能を持っているので、成長しても背負い安いし降ろしやすい。

 

A背カンが左右に開くと、ランドセルと背中が隙間なくフィットする。

 

非常に負荷のかかる部位なので、信頼性のある金属やブラスティックを使った一流の背カンを使ってあるランドセルを選ぶべきです。
柔軟性と強度のあるプラスティックを使っているので背負い心地も良いものになっています。

 

肩ベルト

ランドセルを背中に背負うための重要なパーツです。肩にあたる部分は柔軟性が必要なので、中にクッションが入っています。

 

また肩ベルトの形は体を包み込むようになっています。

 

長さも重要です。高学年になっても背負える長さが必要なので、お店に行った時にお母さんが背負って背負えるかどうかで判断できます。

 

防犯ブザー用のダブルマルチフッカー

左右どちらにも防犯ブザーをぶら下げられるように肩ベルトの両側についたフックです。

持ち手

ランドセルを運ぶために持つ輪です。

 

確かに便利ですが、教科書の入った状態で頻繁に持ち手でぶら下げると壊れる可能性があります。

背当て

背中に直接あたる部分です。クッション性と通気性、またランドセルがずれない機能があります。

 

へり

学習院型ランドセルのヘリは背当てと大マチを縫い合わせるための縫い代部分です。強度も出ますし、ヘリがあるから大マチ部がこすれたりするのを防ぐ機能も持っています。

 

 

 

 

関連ページ

ランドセル選びで重要な色とデザイン
ランドセルの選び方について。重さや容量それに色やデザインなどランドセル選びの条件は色々です。
姿勢の悪くならないランドセルを選ぶ
姿勢の悪くならないランドセルを選ぶことが大事なポイントの一つです。ランドセル選びのヒントについての情報です。ララちゃんのランドセルに関する情報だけでなくランドセルを選ぶときのヒントです。
ランドセル選びは親と子で重視するポイントの違い
ランドセル選びは親と子で重視するポイントが違います。ランドセルの選び方について。重さや容量それに色やデザインなどランドセル選びの条件は色々です。
ランドセルの調整は何のためにするの?
ランドセルの調整は何のためにするの?という疑問をお持ちの方もいらっしゃるようなので、触れてみます。
ランドセルを綺麗に使うなら傷つきにくい素材
ランドセルを選時にランドセルを綺麗に使うなら傷つきにくい素材を選ぶという事があります。
学校のロッカーに入るかどうかチェックしてますか?
ランドセルを購入したけど、学校のロッカーに入らなかったと言う笑えない事が起こる事があります。購入前に一応学校に問い合わせてみましょう。
ランドセルに収納するものはどれ程あるの?
ランドセルに収納ししたいものは教科書ノートだけでなく、体操服や給食衣などたくさんあります。a4フラットファイル対応にしたけど、本当にどれ位入れる物があるのか調べてみました。
ランドセルのキューブ型のメリットとデメリット
ランドセルのキューブ型のメリットとデメリット。ランドセルの選び方について。重さや容量それに色やデザインなどランドセル選びの条件は色々です。