ランドセルの選び方で重視するポイント

ランドセル選びは親と子で重視するポイントの違い

ランドセル選びでいつも問題になるのが、お母さんと子どもの意見がかみ合わないことです。

 

実際に母と子供で重視するポイントがどう違うのか、またそれは年によって変化しているのかについて調査してみました。

 

ランドセル購入で重視したポイント

 

重視したポイント2015年度

2016年度

第1位:丈夫さ(58%)
第2位:色(57%)
第3位:値段(54%)
第4位:軽いこと(39%)
第5位:容量(27%)

第1位:色(70 %)
第2位:丈夫さ(55%)
第3位:容量(52%)
第4位:軽いこと(35%)
第5位:値段(34%)

第1位:色[88%)            ⇒
第2位:デザイン(38%)

第1位:色[87%)
第2位:デザイン(40%)

 

上の表を見ると、子供は一貫して色を第一に考えて選んでいます。母親は色も重視していますが、それよりも丈夫さをもっと重視していました(2015年度)。

 

しかし、2016年度になると、母親は子供の好みに合わせるかのように、大幅に色を重視する割合が増えています。親の考えを押し付けず、子供の考えを尊重するという今の風潮の通りの様な気がします。

 

また、容量を重視しているお母さんも増えてきました。おそらくA4クリアファイル対応ランドセルもある中で、A4フラットファイル対応ランドセルが中心になってきたからと考えられます。

 

もう一度ランドセルを購入するとしたら重視するポイントは?

 

ランドセルを背負って小学校に通っているお母さんに、もし今もう一度ランドセルを購入するとしたら何を重視しますかという、興味深い質問に対するお母さんの回答が次です。

 

第1位:丈夫さ(55%)
第2位:容量
第3位:軽さ(49%)

 

色が全く選択のポイントとして出ないのは少し驚きですよね。色よりももっと重視すべき点があったということなんでしょうね。

 

 

 

 

関連ページ

ランドセルのパーツの名称
ランドセルのパーツの名称はある程度知っておく必要があります。選ぶときにパーツ=部分の名称がわからないと困るからです。
ランドセル選びで重要な色とデザイン
ランドセルの選び方について。重さや容量それに色やデザインなどランドセル選びの条件は色々です。
姿勢の悪くならないランドセルを選ぶ
姿勢の悪くならないランドセルを選ぶことが大事なポイントの一つです。ランドセル選びのヒントについての情報です。ララちゃんのランドセルに関する情報だけでなくランドセルを選ぶときのヒントです。
ランドセルの調整は何のためにするの?
ランドセルの調整は何のためにするの?という疑問をお持ちの方もいらっしゃるようなので、触れてみます。
ランドセルを綺麗に使うなら傷つきにくい素材
ランドセルを選時にランドセルを綺麗に使うなら傷つきにくい素材を選ぶという事があります。
学校のロッカーに入るかどうかチェックしてますか?
ランドセルを購入したけど、学校のロッカーに入らなかったと言う笑えない事が起こる事があります。購入前に一応学校に問い合わせてみましょう。
ランドセルに収納するものはどれ程あるの?
ランドセルに収納ししたいものは教科書ノートだけでなく、体操服や給食衣などたくさんあります。a4フラットファイル対応にしたけど、本当にどれ位入れる物があるのか調べてみました。
ランドセルのキューブ型のメリットとデメリット
ランドセルのキューブ型のメリットとデメリット。ランドセルの選び方について。重さや容量それに色やデザインなどランドセル選びの条件は色々です。